Apple、Bloombergの「中国のマイクロチップ使ってアマゾンやアップルにハッキング」記事は間違った情報だと反論


Supermicro

Supermicro

Appleが、Bloombergが記事にした「中国、マイクロチップ使ってアマゾンやアップルにハッキング」に関して、なにも真実が存在しない間違った情報だと発表した。

Appleは、Bloombergからのセキュリティインシデント疑惑に対する厳格な内部調査を行い、これらの疑惑が見つからなかったと反論してきたと説明しています。

Appleは、ハッキングを容易にするマイクロチップが組み込まれたとされるSupermicro製サーバーを導入しているが、異常な脆弱性を発見することは無かったと説明しています。

「Bloombergの記者は誤った情報を提供している、もしくは情報源が間違っているという可能性を受け入れていないことに失望している。2016年にApple研究所にある1台のSupermicroのサーバーで感染したドライバが発見されたと報告があったが、記者はこの話を混同している可能性はある。この出来事は1回限りで偶発的であり、Appleに対する標的攻撃ではない」とコメントしている。

あわせて読みたい